京都で専用庭つきの家に住むのが憧れです!

京都市といえば、まさしく古都の代名詞的存在です。第二次世界大戦中に、六大都市の中では空襲の大きな被害を受けませんでした。そのおかげで、戦前からの建造物が過去のままの状態でたくさん残されています。これは、米軍が歴史遺産保護のために大規模空爆を避けたという説がありますが、他方で、原子爆弾を投下する候補の都市とみなされており、兵器の効力を把握するために、最後まで街を温存したという説もあります。過去の経緯はともかく、古くからの歴史的遺産が多く残されており、日本的伝統が漂っている街の雰囲気は金銭には替えがたいものがあります。そんな街で、専用庭つきの賃貸物件に住めるというのは、この上ない贅沢といっていいでしょう。自分の庭ですから、自由に花や木を植えることもできます。季節感を味わいながら、美しい花々を愛でるのは、貴重な体験です。事あるごとに、昨今は自然との触れ合いの機会が少なくなったと言われますが、実際には、このような物件があるのです。